へこのma.k.小部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観察

昨日は涼しい一日でした。
秋って嬉しい様な悲しい様な何ともいえないしみじみとした気持ちになりますね。何かと別れる時に似た感じ。何だろう?

さてSAFS、とりあえず出してみて
safsyesub3.jpg
長っ。びよーっと引っ張ったみたい。ムーミン?
でも落ち着いてぐるぐる見回してみたらスネ部分がちょっと大きいのと、シーリング部分が長いだけみたい。改造、しようかな。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 09:31:44|
  2. SAFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また

この間のWFで買ってきたイエサブのSAFS5体セット。中身の方は素材の問題や仕上げが荒いらしいけど手を加えれば何とかなるんじゃないかな?駄目だったとしても1000円だし。
safsyesub1.jpg
safsyesub2.jpg
お~~っ・・・・う~ん。どうしよう。
  1. 2008/08/30(土) 01:11:14|
  2. SAFS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色、薄っ

アナハイムカフェという模型が作れる喫茶店の完成品ショーウィンドウに飾らしてもらっていたドールハウスを回収して、かわりに今度はAFSMk2を飾らしてもらってきました。持って帰ってきて最近作った物と比べると明らかに色が薄いっ。そういえばこれを作っていた頃は彩度を落として塗る事にこだわって塗っていて、それにMamo本にもそういったような事が書かれていたのでこの薄い色味が「良い感じ~」と思って満足していたけど薄いにも程があるわ。最近は色味をしっかり出そうとやってるのでリペイントしよっ。

dollhousereturn.jpg
  1. 2008/08/27(水) 19:55:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お買い物

Mk1購入。
mk1.jpg
ましねおじさんのブログを見て衝動買い。ぐぐ・・でも噂どうりカッコいい箱絵だな~。この後あのナッツロッカーとやり合う事を想像すると複雑だけど。さっそく今日から組もうかな~。
mbase.jpg
あとこのジオラマベースを購入。この間WFで買ってきた1/35のグロフンとかに使えそうかも。付属のしょぼいフィギュアはすごく小さくて1/72くらいなので1/72Fボートを飾ったりも出来そうな感じ。ワクワク。
  1. 2008/08/24(日) 20:59:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1話

これは前に作ったフォトストーリーの1話目です。
地面の作り方が本当に下手で恥ずかしいんですが(今もほとんど進歩がないのが心配)楽しんで作っているのであまり気にしてませんけど・・。
文章写真共に自作です。

第一話 「奇襲」

 2885年8月5日、傭兵軍第68S装甲猟兵連隊所属第8中隊・中隊長のニルス・ウィンド中尉は部下のジョン・デイビス少尉と共にオーストラリアで計画中の大規模作戦の地理調査に来ていた。
1act1.jpg
ニルス「こんな退屈な任務をなんで俺がしなくちゃぁいけないんだ。俺ぁ戦闘こそ一番力が発揮できるってのに、くそ。」  ジョン「中尉、あと二日ちょいで終わります。この辺りに敵は居ないようですが近々敵の新型装甲戦闘服が配備されるという情報があります、気を抜かずに行きましょう。」
2act1.jpg
ニルス「もしその新型が出てきたら最初の一発でしとめてやる。俺は今までに無人のを1機と装甲戦闘服を3機仕留めてるんだ。まあ、でもその前に消耗したこの装甲服もそろそろ整備に出さにゃいかんがな。」  その時、ジョン・デイビス少尉は簡易レーダーにチ、チ、と赤い光が点滅している事に気が付いた。  ジョン「中尉?レーダーに赤い点が」  ニルス「・・・あぁ!!危ないっ!」
3act1.jpg
4act1.jpg
ジョン・デイビス少尉の足元が青白く光った瞬間、衝撃が襲った。起き上がった中尉は閃光で真っ白になった視界で目を細めた。吹き飛ばされた少尉が3メートル程離れた所に見えた。  ニルス「バックアタック・・ちくしょう 奴か!」  150メートル程先の岩影から姿を現した影を発見した中尉はすぐに体勢を整え構えるがレーザーの照準が何故か合わない。  中尉「さっきので故障したのか・・・このままでは・・」
5act1.jpg
「オーバーコマンドへこちらグスタフ3。2機のAFSのうち1機を仕留めた。もう1機は反撃をしてこない。どうやら射撃システムが故障したようだ」 「こちらオーバーコマンドよりグスタフ3へ。残りの1機も確実に仕留めろ。」 「了解、ピーナッツを砕く。」

  1. 2008/08/23(土) 20:31:27|
  2. フォトストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォトストーリー第2話

前に作ったフォトストーリーです。タイトル以外の筋書きは第3話と同じく山本拓さん作。


第2話「捜索任務」

2act2.jpg
バトラー上級軍曹がこの極東探索作戦の嫌な噂を聞いてから、丁度一週間後。まさか自分が赴くハメになろうとは思わなかった。
「何十回も未帰還者が続出してるこの極東の果ての地に一体何があるというのだ?」ウォルラスから放出される海上が、上陸までスーツの潜航限界時間ギリギリの距離というのも『カナヅチ』なバトラーにとっては面白くない。
上陸するまでは生きた心地さえしなかった。おまけにラクーンで同行するセバスチャンは、誰もしゃべったのを聞いた事が無いという信じられない様な無口さで有名。現にバトラーは、作戦前の時間を入れておよそ100時間、セバスチャンとの会話はおろか、声すら聞いてない。不気味なくらいの沈黙は潜航時間をより長く感じさせた。
それもあってバトラーは上陸する前に、既にかけるだけの油汗をかいた。「センサーポッドを後方警戒にしてツーマンセル、1Eが先行する」
3act2.jpg
「ゴボッ・・・・」
「(おい!おい!YESという意味なのか!?)」
確認しようと覗き込んだ瞬間だった。
6act2.jpg


< 後方から攻撃 >
<詮索/ / /  >

4act2.jpg

<敵/グローサーフント>
5act2.jpg


セバスチャンを覗き込んでいたのが良かった、エクサイマーを構えるまでの予備動作が要らなかった。反撃!
7act2.jpg

沈黙。
幸運にも反撃掃射がお犬様の金的に命中したらしい。
早速、金的箇所を記録するため向かいたいのだが、よく見るとセバスチャン機が先程から微動だにしてない。

「大丈夫か?損傷があったのか?」
「ゴボッ・・・」
「(だからどっちなんだよ!?)」

するとラクーンのハッチが急に開き、中から大量の海水がこぼれでた。

「ゴボッ!ゴフッ・・お、溺れてたんだよ!・・
ハッチも作動しねえしよぉ!どうなってんだよ!!」

泣きじゃくるセバスチャンを見てバトラーは、これからの作戦遂行の困難さに声も出なかった。もうでないはずの油汗は未だ残っていた様で、止めどなく背中を流れていた。

8act2.jpg
  1. 2008/08/17(日) 14:08:23|
  2. フォトストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完成

15bdora.jpg
デカール、窓ガラス、動力パイプも付け終わっていよいよ完成かなと思ったけど落ち着いて全体を見てみるとちょっと物足りない。どうも汚しが弱いような気がしてきたけど、これ以上暗い色できちゃなくなっていくのは耐えられない。そもそも物足りないってなんだろう?ちょっと離して置いてみるとピントというか、どこもボカしたようになっていて色と色の境目がはっきりしない。どこもグラデーションみたいな感じ。という事で色の境目を作ろうという事にしました。色は黒でやるとビシッとしそうだけど汚いのは耐えられないので綺麗になる色、黄色の補色の紫で。でも紫といっても赤みがある紫は手の部分みたいに暑苦しい異様な感じがするのでそれよりも青に近い「すみれ色」に近い色が良いかな。涼しげで、静かな紫。でもアーマーに青を塗っているのでそれとかぶると台無しになりそう。青とは違う、淡い感じのすみれ色にする事に。エナメルをエナメルシンナーで溶いて、割と濃い目を点描みたいにしてアクセントにしてみました。そして完成。 うーん、疲れた・・
17dora.jpg
18dora.jpg
19dora.jpg
21dora.jpg
20dora.jpg



  1. 2008/08/15(金) 12:54:54|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色彩遊び

15dora.jpg
お盆休み。
今日は肩アーマーを深い青色で一部塗り、その色にミドルストーンと白を混ぜた
明るい黄緑色を斑点程度に置いて輝きを出そうとしてみました。
あと、カールコードを赤く、パイロットのヘルメットをちょっと明るくしたり。
美しくな~れ。
  1. 2008/08/14(木) 12:50:40|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塗り

ドーラの塗り続行中。

塗装方法って人それぞれと思いますが自分はこんな感じに塗ってます。
10dora.jpg
混ぜ棒(ヘアピンを伸ばした物
塗料はハンブロール(タミヤ空き瓶に詰め替え)
11dora.jpg
大きい皿に3原色系の色を少量出し使いたい分だけ筆ですくって菊皿内で混色
12dora.jpg
秘技二刀流!
13dora.jpg
一昨日よりちょっと前進。
  1. 2008/08/13(水) 01:29:06|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塗装開始
6dora.jpg
サフは吹かなくてもこれだけはやって置かないと不安な墨入れ。
暗い色をワサワサ塗ります。でも作業っぽくて眠くな・・る。
グーグー



7dora.jpg
色は、何色にしようか迷ったけどサンド系で。
パッと見美しい感じにしたいので渋い色よりもうちょっと明るくしたいな。

8dora.jpg
明るくすれば美しくなると思ったけど不自然になったような。
配色もしたい。何かこの色と相性良さそうな色は?
黄色には紫が綺麗なはずだけどこれは難しい気がするので
青をふちっこに塗って実験。
うーん・・・どうしようかな?
  1. 2008/08/10(日) 21:08:16|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パイロット

パイロットはPKAキットの人のままで行こうと思ったけど、記事の製作法の通りゴーグルの所をちょび、っと削りエポキシパテでマスクを製作。マスクの形状はイラストの感じで作ったもののちょっと違う様な?そうでないような形状に。
胸のセンサーか何かはPKAの足首側面ガードの支え部分をちょん切った物を片側だけドリルで薄く加工。根本のパーツは戦車の何かのパーツを使用。
5dora.jpg
そろそろ塗装かな。
  1. 2008/08/08(金) 22:41:49|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイパーパテ

ドーラ。当時の記事を参考に前進中。
ハイパーセラコートってうーん?
物凄く硬いセラミックの様な物でコーティングされてるっていう感じ?
想像をしながらパテをチューブから指で塗ったり爪楊枝でやったり、薄め液で溶いて100円の筆で塗ったりしてハイパーセラコート。
4dora.jpg
何号か前のモデルグラフィックスに横山先生が書かれていたような差を出すというのを意識して、パテをあまり塗らない綺麗な平らな部分と思い切り塗ってグチャグチャの所を作ってやりました。
ハイパーセラ格差?
  1. 2008/08/08(金) 00:06:17|
  2. ドーラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フォトストーリー

今日は暑い中仕事をした後大雨に降られて風邪を引いたようです。
頭痛は熱中症なのかな・・。 熱中症ぎみの所へスコールのような
大雨にやられて風邪ぎみっていうパターンが今年は何度かあって
風邪と頭がボーっとするのとで熱中症なのか、同じ事書いてますね・・
うぐぐ。

この間からフォトストーリー作りにはまっていて、今まで作った
模型を使って2つほど作ったんですが、今回は完成した
グラジエーターを使って作ってみました。
先に2つ作った物は随時載せて行きたいと思います。
話はストーリー作りが苦手なので山本拓さんにタイトルと
ストーリーを作って頂きました。
どうぞご覧ください。

-------------------

第3話 『待ち続けるヘラジカ』

photostorygradi0.jpg

地球が浄化されても以前の姿を停めてる場所は少ない。
この北米ミシガン湖も例外でなく、かつて莫大な水を蓄えた
この地は今 やシュトラール軍の無人機械が支配する塩の砂漠だ。
マヌリグル=チャップマン上等兵が探索型グラジエーターで
シュトラール側の受信帯を傍受していた時、事件は起こった。
突然4脚を統合管理する回路が立て続けのエラーを起こし、
文字通り 「狂える剣闘士」になり気絶するチャップマンを殻に
納めたまま暴走、砂漠のど真ん中で頓挫した。
photostorygradi3.jpg

気が付いたチャップマンは動かないグラジエーターを捨て、
砂漠を横断 しようとは思わなかった。
「砂漠で歩くのは死神に会いに行く様なものだ」
曾祖父の昔話の一説を思い出したからだった。
ひたすら救助を待つ事に決めると、意外にやる事は多かった。
先ずコクピットを包むナノ繊維質を丁寧にはがし鞣し、極めて薄い布を
作るとバールでこじ開けた穴に被せその真ん中におもりになる石を置き
地中の先端にチューブを結わえた。これで昼夜の寒暖差で起こる空気中
の水分を布表面からチューブを通して吸えることになる。
食事は、サバイバルレーションを細かく砕いて、なんとか10分割した。
それをタンクの残り水で溶かしスープにして最初の10日をやりすごした。
photostorygradi2b.jpg

昼はテント内で眠り、夜起きる。

ある夜に近くの地面を駆ける飛び鼠を見た。
「肉!」
最後に残しておいた羊のチーズを餌に、エンジンルームの
金網を籠に作り直し簡単なワナをこしらえた。
全く馬鹿げた簡単なワナにも関わらず次の日には2匹の
飛び鼠が掛かっていた。
が、血を抜き火であぶり一口食べてみて分かった。
痺れが来る。
身体の何処かに毒を持ってるのだ。
そこで残ったもう一匹は、腹を切り裂いて牽引ワイヤでしばり
思いっきり遠くへ投げた。

チューブからわずかばかりの水を舐める日が3日過ぎた。
チャップマンは意識が時折遠のいて、幻を見る様になった。

『待ち続けるヘラジカよ、その傍らの蜘蛛を焼く時が来た』

何処からの声に目を覚ましたチャップマンはもうヤケクソになって、
グラジエーターに火を放ち夜空に吠えた。
脚に絡まったワイヤを勢い手繰り寄せるとトグロを撒いた
ガラガラ蛇が掛かっていた。
暴れる蛇に鋼鉄のハッチを振り下ろす。断頭!
その溢れ出る血を吸うチャップマンにミネラルとビタミンが一気に
流れ込む。
煌煌と照らし出されたチャップマンは神々しい光を放つ生命の
循環を幻視していた。

翌朝、陸戦ガンスが黒こげのグラジエーターと横たわる
チャップマンの画像を送信。
チャップマン上等兵がシュトラール軍北米本部の捕虜になった
のはそれから4日後、遭難より20日目の事だった。

マヌリグルとはホーチャンク族の言葉でヘラジカの事。
マヌグリル=チャップマン。彼は千年の時を経て遥かなる
祖先と同じ土地で勇者になった。
  1. 2008/08/05(火) 21:38:09|
  2. フォトストーリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑かった~

ワンフェス行ってきました。今年は暑さもですが会場が一階と4階に分かれていてエスカレーターで事故が起こったりでびっくりしましたが、今回もお会いした方々とお話や作品を直に見られてとても刺激になりました。お疲れ様です。

wf2008summer-0.jpg
夜行バスを降りて7時前。
すぐ列に並んだけど最後尾がすでに橋の向こうのこの辺り。何で~・・?


wf2008summer-1.jpg
WAVEのMA.K 発売予定の新製品
スーパージェリー
陸戦ガンス
wf2008summer-2.jpg


wf2008summer-3.jpg
その後KOARAさん、キシくんとお茶。
自慢シーネン大会。


wf2008summer-4.jpg
WF打ち上げOFF会。一瞬で机の上が作品でいっぱいに・・!
とても刺激になりました。
  1. 2008/08/04(月) 09:35:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

へこ

Author:へこ
マシーネンも飛行機も草木も、感動する物には美しさがあります。でも美しいとはどういう事か、毎日考えてるけど答えが出ません。いつか見つかるといいな。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

雑記 (48)
Gladiator改造法 (10)
フォトストーリー (4)
ドーラ (8)
SAFS (9)
ラスティネール (2)
グローサーフント (10)
DOLL HOUSE (7)
Makel (11)
デスピオン (4)
BF109 G10 (4)
PKA (6)
Rappoon (2)
ナッツロッカー (9)
絵画 (10)
ハンターキラータンク (1)
AFS MKII (1)
MK-44 宇宙戦闘型 (4)
Me262 (1)
ハインケル HE177 (17)
グスタフ (1)
ナイトストーカー (6)
コンラート (8)
メルジーネ (2)
塵界 (2)
Sweeper (1)
マイオリジナル (1)
U6型 ミドル級バトル (12)
タイプ33型 (3)
ドラグナー改 (9)
シェンケル (4)
スフィンクス (3)
メルジーネ(3Q) (5)
Fw190 (2)
SPITFIRE (1)
アタックロボット (2)
AFSとSAFS (2)
バジリスク (3)
ジュジュマン01 (5)
ラプター (1)

月別アーカイブ

リンク

カウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。